引越前の不用品回収

引越の前にいらないものを処分しておこう

荷物を整理していると不用品がたくさん出てくる

転勤などで引越をしなければらなないときには、部屋の中のものを整理して荷造りするでしょう。引越先でも使用する道具はダンボールに詰めます。しかし、引越先では使う予定のない物が出て来ることも多いです。引越先の住居に持って行っても邪魔になるだけなので、これを機会に処分してしまうのがいいでしょう。

小さなものであれば、現在住んでいる自治体のゴミの出し方に従って捨てれば問題ありません。しかし、大きな家財道具やどのようにして捨てればいいのか分からない物もあるでしょう。捨て方は分かっていても、多すぎてどうしようもない場合もあります。大きすぎて運び込めないものもあるでしょう。そんなときには不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収業者というのは、費用を支払って不用品を処分してくれるサービスを提供している業者です。基本的に自宅まで来てくれて運び込む作業もスタッフがやってくれるので、いらなくなった大きな家財道具でも簡単に処分できます。

不用品回収業者の利用方法

不用品回収業者を利用するときには、業者のホームページなどに設置されている専用のフォームを使うか電話で申込をするのが一般的です。

申込時に回収に来てもらう日時を指定して、対応エリアかどうかの確認が行われます。どのような不用品があるのかどうかも尋ねられることが多いです。業者によって対応できる品物とそうでない品物があるため、大きな物や家電リサイクル法の対象になっている物がある場合には、漏れなく伝えておきましょう。処分したい不用品の数が多い場合にも伝えておくのが無難です。

また、不用品回収業者を名乗ってトラックをゆっくりと走らせながら住宅街を回っている業者を見かけることがたまにあるでしょう。そういった業者を利用する場合には注意が必要です。きちんとした業者でない可能性があります。特に無料回収を謳っている場合には、なるべく利用しないのが賢明でしょう。電話番号やホームページを持っている業者の方が安心して利用できます。

不用品回収業者の選び方

安心・信頼できる不用品回収業者の選び方

多くの不用品回収業者が良くも悪くも揃っている東京。日常茶飯事となっている不用品回収の光景は、珍しくもありませんが、残念なことに悪い業者もいるからこそ、注意しなければならない点がたくさんあります。

一例を挙げると、先日のニュースでも業者の不法投棄が問題になっていましたが、うっかり、無料で引き取りますという謳い文句につられてそのまま不用品を引き渡したりすると、悪質な業者は、適当な場所に捨てていくことをします。

これでは、依頼者も不法投棄の片棒を担いだようになってしまうでしょう。もし、後で警察から事情聴取にでもなれば、驚くどころか、とても気分の悪い思いをしなければなりません。こうならないように、きちんと「一般廃棄物の処理業許可」、「産業廃棄物処理業許可」、「古物商許可」、「貨物運送事業の許可」などの免許を持っているかを確認してから依頼するようにしたいものです。

少なくとも、家庭で出る不用品は、「一般廃棄物の処理業許可」の許可が必要になります。不用品回収業者の選び方には、本当に注意し過ぎるほど注意しましょう。