Paul Smith

英国発祥の人気のデザイナーズブランド

ポール・スミスの歴史

日本でもその名をよく知られているPaul Smith(ポール・スミス)。ポール・スミスは、1946年イギリスノッティンガム生まれのファッションデザイナーです。ポール・スミスが最初に店を開いたのは1970年のことです。ノッティンガムに開店したポール・スミスの店は、当初主にマーガレット・ハウエル、ケンゾーなどのブランドを扱うセレクトショップでした。この店でやがてポール・スミスのロゴ入りオリジナル商品の取り扱いを始め、これが話題となり、イギリス全土にポール・スミスの名が知れ渡るようになったのです。ポール・スミスが日本に進出したのは1980年代になります。最初は東京や大阪の一部の専門店で商品が取り扱われていましたが、1984年に南青山に路面店がオープンしました。ポール・スミスは1987年にはニューヨークの5番街にも路面店をオープン。その後も各国の店舗をオープンさせ、世界的に有名なブランドの1つとなっています。

 

幅広いブランドを展開

ポール・スミスには、メンズ、レディースのほか、子供服までたくさんのブランドがあります。メインのブランドは「Paul Smith」。主にイタリア製のプレタポルテですが、日本で縫製された商品もあり、メンズはパリコレクションで、レディースはロンドンコレクションで発表されます。「Paul Smith COLLECTION」は日本限定のメンズのブランド。ハイクオリティ、ハンドメイドフィーリング、アーティスティックという3つのコンセプトを掲げ、贅沢なこだわりのあるメンズウェアを提供しています。「Paul Smith LONDON」は、ビジネススーツを中心としたブランドです。ビジネスシーンでの着用を想定した実用的なスーツだけでなく、遊び心をとり入れたデザインのスーツまで幅広いラインナップとなっています。その他に、カジュアルウェアの「Paul Smith JEANS」、レディーススーツの「Paul Smith BLACK」などのブランドがあります。

Paul Smithのスーツレンタルはフィートローブ

model